メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イノシシ

高松市で男性を襲う 逃走後に捕獲

男性を襲ったと思われるイノシシ。捕獲にあたっていた男性の隣を走り抜けていった=高松市勅使町で2018年6月4日、潟見雄大撮影

 4日午前11時ごろ、高松市勅使町で、業務のため付近を歩いていた市内の団体職員の男性(45)がイノシシに襲われた。男性は何度も追突され、両手足などに擦り傷を負った。高松南署などによるとイノシシは逃走したが、同日午後3時前に同市円座町で捕獲された。県によると、イノシシによるけが人は今年に入って初めて。

 男性を襲ったイノシシは雄で、体長約1メートル14センチ、体重35キロ。目撃した近くの会社員、寒川慎之介さん(43)は「黒っぽいものが走っていると思ったら、イノシシが襲いかかっていた。棒を持って助けに行った時には逃げていた。この辺りで見たのは初めてなので驚い…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文699文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです