認知症

アプリで早期発見 センサーで歩行障害を判定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
測定テストの画面=デジタル・スタンダード提供
測定テストの画面=デジタル・スタンダード提供

 スマートフォンのアプリで認知症の初期症状を発見できます--。大阪市北区のシステム開発会社「デジタル・スタンダード」が医師と共同で、歩行テストの時間や加速度を測定することで歩行障害を判定できる無料アプリを開発した。高齢化社会が加速する中、早期発見により症状の改善などが期待される。

 従来は、椅子から立ち上がって歩き3メートルの距離のところでUターンして座るまでのタイムを計る「TUG」という歩行テストが主流だった。今回開発したアプリ「iTUG」はスマホ内蔵のセンサーで歩行時の前後、上下、左右の…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文619文字)

あわせて読みたい

注目の特集