メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症

アプリで早期発見 センサーで歩行障害を判定

測定テストの画面=デジタル・スタンダード提供

 スマートフォンのアプリで認知症の初期症状を発見できます--。大阪市北区のシステム開発会社「デジタル・スタンダード」が医師と共同で、歩行テストの時間や加速度を測定することで歩行障害を判定できる無料アプリを開発した。高齢化社会が加速する中、早期発見により症状の改善などが期待される。

 従来は、椅子から立ち上がって歩き3メートルの距離のところでUターンして座るまでのタイムを計る「TUG」という歩行テストが主流だった。今回開発したアプリ「iTUG」はスマホ内蔵のセンサーで歩行時の前後、上下、左右の…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

  4. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです