メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eスポーツ

クラロワプロリーグ 日本が首位キープ

「クラロワリーグ アジア」で対戦する日本の「FAV gaming」と韓国の「OGN ENTUS」=ソウルのeスポーツ専用テレビ局、OGNのスタジオで2018年6月1日、平野啓輔撮影

 コンピューターゲームの腕前を競い合う「eスポーツ」としてアジア大会公開競技のタイトルに選ばれ、注目されるスマートフォン向けゲームアプリ「クラッシュ・ロワイヤル」(クラロワ)。今年3月、アジアにプロリーグが創設され、日本では4チームのプロ選手計16人が誕生した。現在、アジアのチームとの初の激烈なシーズン戦を戦っている。

 アジアリーグ戦は、日本はじめ韓国、東南アジア(台湾、インドネシアなど)から各4チームが参加し、4月…

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. ORICON NEWS 松方弘樹さんの息子・仁科克基、父の“親友”梅宮さん追悼「親父と天国でまた大好きな釣りを2人で」

  5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです