メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園問題

財務省改ざん、透ける忖度と多くの謎

記者会見で配布される財務省決裁文書改ざん問題に関する調査結果の文書=財務省で2018年6月4日午後3時47分、宮間俊樹撮影

 財務省が4日、公表した学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書の改ざんや交渉記録の廃棄問題の調査報告書。昨年2月の安倍晋三首相の国会答弁が不正の発端となったことをうかがわせる内容が盛り込まれたが、焦点となった首相周辺への「忖度(そんたく)」の有無について直接は踏み込まなかった。身内による調査の限界を露呈した形で、多くの謎が残ったままとなった。

この記事は有料記事です。

残り3016文字(全文3194文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです