特集

東芝経営問題

1875年創業の「名門」東芝が、会社分割方針を発表しました。しかし、臨時株主総会で「ノー」が突きつけられて…。

特集一覧

企業

シャープ、東芝PC事業を買収 鴻海と相乗効果狙い

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 シャープが東芝のパソコン事業を買収する方針を固めたことが4日、分かった。近く契約を締結する方向で調整している。シャープは、親会社の鴻海(ホンハイ)精密工業の生産ノウハウや部品調達網を活用できることから、パソコン事業に再参入し、新たな収益源にしたい考えだ。

 シャープは、パソコン事業を手掛ける東芝子会社の東芝クライアントソリューション(東京)の株式の過半を取得する方針で、買収額は50億円前後の模様。東芝は1985年に世界初のノートパソコンを発売し、「ダイナブック」のブランドで一時は世界首位のシェアがあった。だが、近年は中国、台湾メーカーとの競争で販売が低迷。経営再建中の東芝は、米原発事業の巨額赤字などで財務体質が悪化。パソコ…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文788文字)

【東芝経営問題】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集