メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都

銘菓「八ツ橋」 1689年創業の真偽巡り提訴

のれんに「創業元禄二年」と記している「聖護院八ツ橋総本店」の本店=京都市左京区で2018年6月4日、澤木政輝撮影

 京都銘菓・八ツ橋の大手「聖護院八ツ橋総本店」(京都市左京区、鈴鹿且久社長)が元禄2(1689)年創業をうたうのは虚偽だとして、ライバル店の老舗「井筒八ツ橋本舗」(同市東山区、杉野善彦社長)が4日、創業年などの表示をやめ、600万円の損害賠償を支払うよう求めて京都地裁に提訴した。

 八ツ橋は、京都市の調査で観光客の4割が購入している定番商品で、市場規模は100億円に上るとされる。

 「聖護院」は商品の説明書きやホームページで、八ツ橋の誕生は元禄2年で、江戸時代の箏(そう)曲の祖・…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文689文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです