ウナギ

2.7トン廃棄のかば焼き 1万3650匹に相当

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2017年に消費者に販売されず廃棄された絶滅危惧種のニホンウナギのかば焼きが、少なくとも2.7トンにも上るとの調査結果を、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(GPJ)が4日、発表した。ウナギ1万3650匹に相当するという。GPJでは「絶滅危惧種が大量販売されているだけでなく、消費されずに捨てられるのは問題だ」としている。

 GPJでは小売り大手18社にアンケートを実施し、16社が応じた。処分量を回答した5社の取扱量は合わせて310トンで、このうち2.73トンが廃棄されていた。廃棄率は0.2~3%だったという。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文489文字)

あわせて読みたい

ニュース特集