メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウナギ

2.7トン廃棄のかば焼き 1万3650匹に相当

 2017年に消費者に販売されず廃棄された絶滅危惧種のニホンウナギのかば焼きが、少なくとも2.7トンにも上るとの調査結果を、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(GPJ)が4日、発表した。ウナギ1万3650匹に相当するという。GPJでは「絶滅危惧種が大量販売されているだけでなく、消費されずに捨てられるのは問題だ」としている。

 GPJでは小売り大手18社にアンケートを実施し、16社が応じた。処分量を回答した5社の取扱量は合わせて310トンで、このうち2.73トンが廃棄されていた。廃棄率は0.2~3%だったという。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです