メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

理化学研など

毛髪再生「タネ」大量培養 20年実用化へ

毛髪の再生医療のイメージ

 脱毛症治療の再生医療に向け、理化学研究所と再生医療ベンチャーのオーガンテクノロジーズ(東京都港区)は4日、髪の毛を作る「毛包」という器官を人工的に大量に作る技術を確立し、来月から安全性を確かめる動物実験を始めると発表した。患者の幹細胞を培養して作った毛包の「種」を頭部に移植し、毛髪を再生させる。来年にも臨床研究を開始し、2020年の実用化を目指す。

 治療の対象はホルモンが影響する男性型脱毛症。全国に1800万人以上の患者がいるとされる。理研生命機…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. クマに襲われ男性2人重傷 猟友会員らがクマ射殺 新潟・魚沼

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです