メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外韓国の曺国法相が辞任表明
九州北部豪雨

発生から11カ月 梅雨入りの被災地は警戒

家屋近くに今なお残る大量の流木=福岡県朝倉市杷木松末で2018年5月31日、山下俊輔撮影

 昨年7月に福岡、大分両県で死者・行方不明者42人(関連死1人を含む)を出した九州北部豪雨は5日で発生から11カ月。福岡県朝倉市では被害が大きかった河川の土砂撤去など国の応急復旧工事はほぼ終了したが、山あいでは流木や土砂が残ったままの地区もある。被災地は梅雨入りしたとみられ、警戒が続いている。

 朝倉市杷木(はき)白木の白木区。地区を流れる白木谷川の復旧工事は少しずつ進んでいるが、川沿いでは11カ月前に流木や土砂が流れ込んだままの家が、無残な姿をさらしている。

 区の29世帯のうち、自宅に戻ったのは13世帯。区長の石井博喜さん(71)は戻ってはきたが、暗闇の家…

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. ラグビーW杯 くまモン、熊本最終ゲームで踊った

  4. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです