特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

森友学園問題

改ざん・財務省 思い込みと「最強」の慢心

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「お答えは差し控えさせていただきたい」。学校法人「森友学園」を巡る問題で決裁文書の改ざん疑惑が報じられた3月2日、国会の野党合同ヒアリングに出席した財務省理財局の中村稔総務課長=停職1カ月=は、消え入りそうな声で答えた。自らが関与し、1年以上伏せ続けてきた文書改ざん。野党の追及に中村氏の視線は宙をさまよい、顔からは汗が噴き出していた。

 当事者の動揺をよそに疑惑の報道直後、省内は意外なほど落ち着いていた。ある幹部は「今回の問題は乗り切れる」と明言。決裁後の文書改ざんはなく、決裁前に作成した途中段階の文書が報じられただけだ--。そんな甘い思い込みが背景にあり、実態解明の重い責任より、野党や国民の批判をかわせるとの打算が働いていた。

この記事は有料記事です。

残り1068文字(全文1386文字)

【検証・安倍政権】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集