メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卵巣がん

病巣を鶏卵で患者別に再現 最適な薬探しに効果

 京都大の研究チームが、卵巣がん患者の病巣を鶏卵で再現することに成功したと発表した。鶏卵で個別にがん組織を作り、患者ごとに異なる抗がん剤の効果を確かめることで、最適な薬を約1週間で探せるという。また、チームは抗がん剤を含む微粒子を使い、がん組織を「狙い撃ち」する新たな手法も開発した。

 成果は4日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載される。卵巣がんは手術後の再発率が70%と高く、再発後は抗がん剤が効きにくいとされ、治療への応用が期待される。

 京都大・物質-細胞統合システム拠点の玉野井冬彦特定教授らのチームは、鶏の有精卵の殻に穴を開け、胚を…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文580文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. 日大チア 監督「退部許さぬ」 女子部員「自殺考えた」
  4. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  5. 夏の高校野球 準決勝見どころ 実力十分の大阪桐蔭と済美

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです