メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卵巣がん

病巣を鶏卵で患者別に再現 最適な薬探しに効果

 京都大の研究チームが、卵巣がん患者の病巣を鶏卵で再現することに成功したと発表した。鶏卵で個別にがん組織を作り、患者ごとに異なる抗がん剤の効果を確かめることで、最適な薬を約1週間で探せるという。また、チームは抗がん剤を含む微粒子を使い、がん組織を「狙い撃ち」する新たな手法も開発した。

     成果は4日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載される。卵巣がんは手術後の再発率が70%と高く、再発後は抗がん剤が効きにくいとされ、治療への応用が期待される。

     京都大・物質-細胞統合システム拠点の玉野井冬彦特定教授らのチームは、鶏の有精卵の殻に穴を開け、胚を包む膜に患者から採取したがん細胞を添加。3~4日後、がん細胞が増殖して塊になり、がん特有の組織や血管もできていた。

     一方、チームは抗がん剤を含ませることができ、生体内で分解される微粒子を開発。がんに出来る血管には隙間(すきま)がある点に着目し、病巣を再現した鶏卵に投与したところ、微粒子が血管に入り込んでがんが消えた。胚の他の部分に微粒子は広がっておらず、副作用を抑える治療法の開発につながるという。

     玉野井教授は「患者のがん細胞を培養したものは、実際のがん組織とは異なる。細胞をマウスに移植し、がんを再現するには時間も費用もかかる。有精卵を使えば短期間で、安く多量に実験できる」と話している。【菅沼舞】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
    3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    4. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
    5. 大阪震度6弱 電車脱線、シマウマ脱走…デマ拡散 注意を

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]