メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

「パートナーシップ制度」導入求め 一斉に請願

 LGBTなど性的少数者のカップルをパートナーとして公的に認める「パートナーシップ制度」の導入を求め、当事者らでつくる市民グループが地方議会に請願書などの一斉提出を始めた。6月議会に合わせた提出先は首都圏を中心とした23市区町議会で、今後、全国に拡大する。性的少数者が権利の保障を求めて一斉に請願行動を起こすのは初めてという。

 市民グループ「自治体にパートナーシップ制度を求める会」の世話人で、ゲイであることを公表している鈴木…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文743文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  2. 国際秩序の維持 トランプ氏には任せられない
  3. 小田原市職員 「保護なめんな」ジャンパーで受給世帯訪問
  4. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  5. 神奈川 夏の茅ケ崎、みこし海を舞う

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]