特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はやぶさ2

NECエンジニア「知り尽くした探査機、最大限のサポートを」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「はやぶさ2を知り尽くしているからこそのサポートをしたい」と語るNECの安達昌紀・社会基盤ビジネスユニット主席主幹(左)と大島武・宇宙システム事業部プロジェクトディレクター=東京都府中市で2018年5月21日、池田知広撮影
「はやぶさ2を知り尽くしているからこそのサポートをしたい」と語るNECの安達昌紀・社会基盤ビジネスユニット主席主幹(左)と大島武・宇宙システム事業部プロジェクトディレクター=東京都府中市で2018年5月21日、池田知広撮影

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」が、今月下旬にも目的地の小惑星「リュウグウ」に到着する。5日には往路の最後のイオンエンジン連続運転を終え、これからはカメラでリュウグウを見据えながら徐々に近づいていく。難しい運用を支えるのは、探査機を開発・製造したNECのエンジニアたちだ。到着を前に同社のキーマン2人が記者会見し、「探査機を知り尽くしている立場から、最大限のサポートをしたい」と意気込みを語った。【池田知広】

 会見したのはNECの安達昌紀・社会基盤ビジネスユニット主席主幹と、大島武・宇宙システム事業部プロジェクトディレクターの2人。安達さんは「はやぶさ2」の開発初期から社内チームを引っ張り、大島さんはプロジェクトマネジャーを務めている。

この記事は有料記事です。

残り1488文字(全文1823文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集