メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『手仕事のはなし』『日本鉄道事始め』ほか

今週の新刊

◆『手仕事のはなし』阿部了・写真、阿部直美・文(河出書房新社/税別1500円)

 井川メンパ、紀州産棕櫚(しゅろ)たわし、雲州そろばん……いずれも古来の技法で、職人が手作業で作っている品々だ。低廉、大量生産の波に流されず、彼、彼女らは今日もひたすら手を動かしている。

 阿部了(さとる)の写真、阿部直美の文、といえば、『おべんとうの時間』で知られた夫婦コンビ。『手仕事のはなし』では、日本の津々浦々まで職人たちに会う旅へ出た。岐阜市「家田紙工の水うちわ」は、極薄の雁皮(がんぴ)紙を張った、涼を呼ぶ透明感が命。手によってのみ可能な軽やかさだ。

 滋賀県甲賀(こうか)市は「川端健夫さんのトースト皿」。ノミで彫り出した木の皿は、「ザックザックと規…

この記事は有料記事です。

残り1523文字(全文1847文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです