メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『日の出』佐川光晴・著

愚直な男の懸命な生き様に波乱の近現代史が浮かび上がる

◆『日の出』佐川光晴・著(集英社/税別1600円)

 自分の生き方を貫くために、時代と刺し違えなければならなかった男たち、女たちがいた。

 不器用なのではない。拠(よ)って立つ場所をおいそれと明け渡してしまっては、自分が自分でなくなってしまう。その一点を恃(たの)みとしながら人生を切り開いてゆく者たち。彼らの存在は、ともすると時代の波間に埋もれがちなのだが-。

 佐川光晴による長編小説『日の出』が、すこぶる味わい深い。物語の舞台は明治から平成まで百年余、闇を背…

この記事は有料記事です。

残り1298文字(全文1553文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 拳銃強奪容疑者、電車で逃走図る ICカード不具合で入れず
  4. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです