メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

川内 ストックホルムマラソンで見えた“東京五輪メダル作戦”(スポニチ)

 ストックホルムマラソンに出場した公務員ランナー川内優輝(31=埼玉県庁)が4日、羽田着の航空機で帰国した。気温30度近い中で行われたレースは2時間22分57秒の4位に終わったが「2時間5分台の選手でも暑さで途中棄権した。東京五輪でも日本人のうち1人がかき乱してアフリカ勢の暴発を招けば、メダルの可能性が高まるかもしれない」と持論を展開した。

     レースでは暑さに強い選手以外は軒並みペースダウンしたといい、「(海外選手に)スパートさせるなど、東京五輪でもペースを乱せば最後の坂で途中棄権もあるかも」との見方を示した。一方で「(自分は)粘るだけのレースだった。(猛暑の)五輪に出てもあまりいいことはないかも……」と出場には消極的だった。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
    3. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
    4. BPO TBS番組が審理入り
    5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]