メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

松坂、球宴ファン投票トップ浮上 セ先発部門で菅野抜いた(スポニチ)

 中日の松坂が、「マイナビオールスターゲーム2018」のファン投票第5回中間発表のセ・リーグ先発投手部門で初めてトップに立った。前回まで1位だった巨人・菅野を2467票上回る8万7014票。西武時代の06年以来12年ぶりとなる球宴出場に向けて「たくさんの人に票を入れていただき、ありがとうございます。これからも票が伸びるよう、次の登板も頑張ります」と語った。

     国内で12年ぶりの白星を挙げるなど今季はここまで2勝3敗、防御率2.51。次回登板は8日からのソフトバンク3連戦が濃厚で、昨季まで3年間所属した古巣との対決となる。ただ、1軍では1試合しか投げられず、右肩の故障でリハビリ生活が長かったため「1軍の選手とはほとんど一緒にやっていないですから」と特別な意識を持たず、純粋にチームの勝利を目指す。この日は、ナゴヤドームでキャッチボールなどで汗を流した。

     前回5月30日のオリックス戦は救援陣が逆転を許して3勝目を逃したが、6回1安打無失点の快投。チームは5位に低迷しているが、2位・DeNAまで1.5ゲーム差だ。上位に浮上するためにも、37歳は「チームが苦しい時期は経験ある選手が支えにならないといけない」と自らの立場を分かっている。

     かつては常連だった球宴の舞台で、これまでも「モチベーションになる」と話している。投票締め切りの17日まで登板は多くて2試合。12年ぶりの出場へ票も白星も伸ばす。 (徳原 麗奈)(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
    2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
    3. 日大チア 監督「退部許さぬ」 女子部員「自殺考えた」
    4. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
    5. 夏の高校野球 準決勝見どころ 実力十分の大阪桐蔭と済美

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです