メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

印パ

情報機関元トップ、「スパイ年代記」共著 ビンラディン事件言及

 【ニューデリー松井聡】対立するパキスタンとインドの情報機関の元トップによる共著が先月出版され、パキスタン国内で物議を醸している。2011年の米軍によるウサマ・ビンラディン容疑者殺害にパキスタンの軍情報機関が関与したとの見解が記されているためで、関与を否定してきたパキスタン軍は反発し、出版経緯に軍律違反がなかったか調査を命じるなど対抗措置に出ている。

 共著は「ザ・スパイ・クロニクルズ(スパイ年代記)」で、1990~92年にパキスタンの3軍統合情報部…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山陽新幹線、2回緊急停車させる 威力業務妨害容疑で59歳男逮捕

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです