アサド・シリア大統領

正恩氏と会談意向 「北朝鮮訪問する」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ篠田航一】シリアのアサド大統領が、北朝鮮を訪問して金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談する意向を示している。朝鮮中央通信が3日に伝えた。具体的な時期は不明。5日時点でシリア政府から正式な発表はないが、ロイター通信は金委員長が首都・平壌で会談する初の国家元首になる可能性があると報じた。

 アサド大統領は5月30日、首都ダマスカスで駐シリア北朝鮮大使に「北朝鮮を訪れ、金委員長と会うつもりだ。金委員長は最終的な勝利を達成し、南北統一を実現させると確信している」と述べたという。金委員長は3月以降、中国の習近平国家主席や韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と会談したが、いずれも国外か板門店の北朝鮮側に限られた。東西冷戦期にともに旧ソ連の影響を受けたシリアと北朝鮮は1966年に国交を結び、7…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文633文字)

あわせて読みたい

注目の特集