メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大岡信と戦後日本

/3 一高・東大時代 水を得た魚のように

 大岡信(まこと)は1947(昭和22)年春、旧制一高に入学し、50年春に東大文学部国文科へ進む。一高でフランス語クラス(文科丙類)にいてフランス詩に親しみを深めていた彼は、当然のように仏文科に行くつもりでいたが、「学制改革にともなう試験方式の変更に気づかず」(『自選 大岡信詩集』所収の略年譜)国文科へ入ることになった。大岡の学年は旧制高校を卒業した最後の代で、戦後の学制激変の時代だった。

 しかし、これは挫折というより展開をもたらしたようだ。一高、東大で大岡の1学年上に当たり、大学では同…

この記事は有料記事です。

残り1620文字(全文1866文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです