メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

W杯ロシア大会 再起の源 昌子選手、両親の支えで大舞台に

ロシアW杯で初の日本代表に選ばれた昌子源選手(右)=東京・味の素スタジアムで2017年6月、長谷川直亮撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に臨む日本代表に初めて選出されたDF昌子源(しょうじげん)選手(25)=鹿島アントラーズ=は、中学時代に挫折して一時サッカーから離れた時期があった。父力(ちから)さん(54)=姫路独協大サッカー部監督=が鳥取県の高校に単身送り込み、再起した。力さんは「天真らんまんにサッカーを楽しんで」と見守る。【黒川優】

 神戸市出身の昌子選手は、両親がともにサッカー選手。1歳の頃には自然とスポンジのボールを蹴っていた。…

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文938文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです