メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

那須の雪崩

事故受け、危機管理マニュアル公表 県高体連が35競技 /栃木

 那須町の茶臼岳で昨年3月、登山講習会に参加していた県立大田原高の生徒ら8人が死亡した雪崩事故を受け、県高校体育連盟は5日、スポーツ中の事故を防ぐために作成していた「危機管理マニュアル」を公表した。登山だけでなく、他のスポーツも含めた35競技の事故防止策を冊子にまとめている。

     これまで日常の部活動や競技会などでは、県高体連の各専門部が競技ごとに対策をとっていたが、今回のマニュアルでは県高体連が中心となって事故を防ぐための注意点などをまとめた。

     マニュアルはA4判で158ページ。各競技に共通する安全上の注意点として、競技会や講習会を開催する際は事前に責任者を明確にすることや、避難場所や消火器の位置などを記載した緊急時対応計画を作成して参加者に配布することなどを明記した。

     また、サッカーではゴールが倒れないようにくいで固定するなど、各競技ごとの安全対策もまとめた。競技会前の安全確認チェックリストなども示している。8日には県高体連のホームページにも掲載する予定。

     この日、宇都宮市内で県高体連が開催したスポーツ安全研修会で、運動部顧問の教員ら約100人にマニュアルが配布され、説明が行われた。マニュアルの作成に関わった高体連の担当者は「全ての活動の前提に安全を位置づけ、今後も充実した運動部活動を展開しましょう」と呼びかけた。【萩原桂菜】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
    2. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    3. 地震 大阪府北部で震度6弱
    4. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]