受動喫煙防止条例案 ほぼ骨子案通り提案へ /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 都は5日、従業員がいる飲食店を原則全面禁煙にする都独自の受動喫煙防止条例案を、12日開会の都議会第2回定例会に提案すると発表した。小池百合子知事は4月、政府が今国会での成立を目指す健康増進法改正案より厳しい規制を盛り込んだ条例の骨子案を発表しており、ほぼ当初案通りの内容で提案することになった。

 唯一の変更点は、加熱式たばこを巡る喫煙室内での飲食の可否。骨子案では、紙巻きたばこ同様に、禁煙対象とした店は喫煙室内であっても飲食を禁じていたが、…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

あわせて読みたい

注目の特集