メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野良猫

不妊手術に県がネットで募金 250匹分120万円目標 /三重

 飼い主のいない猫の不妊手術費用を調達するため、県は5日、インターネットを通じて寄付を募るクラウドファンディング(CF)の受け付けを始めた。約250匹分に当たる120万円が目標で、7月末まで受け付ける。

 県は昨年5月28日、犬や猫の殺処分ゼロを目指して県動物愛護推進センター「あすまいる」を開所。各地に住み着く飼い主のいない猫を捕獲して不妊手術を施し、元の地域に戻してきた。

 手術は、公益財団法人どうぶつ基金(兵庫県芦屋市)が協力。会員の獣医が今年3月末までに計7日の手術日を設け、無償で1142匹の手術をした。

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです