メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018知事選

現新一騎打ちの公算 あす告示、早くも論戦 /滋賀

知事選の実施を伝える啓発のぼり旗=大津市役所で、成松秋穂撮影

 三日月大造知事(47)の任期満了に伴う知事選が7日告示される。再選を目指す三日月氏と、滋賀大元副学長で新人の近藤学氏(68)がいずれも無所属での立候補を表明し、両氏の一騎打ちとなる公算だ。三日月氏は前回2014年に引き続き地域政治団体「チームしが」の支援を受けるほか、前回は対立候補を擁立した自民、公明両党も相乗り。近藤氏は共産党の推薦を受け「市民との共闘」を掲げる。両氏は集会に参加して支持を呼びかけるなど、早くも論戦はスタートしている。投開票日は24日。【成松秋穂、礒野健一】

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. しまねの高校探訪 隠岐水産/浜田水産 /島根

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです