メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

西成のまちづくりへ調査 住民の意見を大切に 近畿大建築学部建築学科准教授・寺川政司さん /大阪

近畿大学建築学部建築学科の寺川政司准教授=東大阪市で、岡村崇撮影

寺川政司(てらかわせいじ)さん(51)=大阪市

 「5年から10年前と比べ、まちはどう変わったと感じるか」

 労働者のまち、大阪市西成区のあいりん地区や周辺の住民らを対象に、まちの現状と将来ビジョンに関する調査を中心になって進めている。対面での聞き取りやアンケート用紙に回答してもらう形式で住民の意見を集めた。その内容はさまざまだ。結果を基に、変わり続けるまちの今後の課題と方向性などを検討する。

 1997年ごろから、「地域通貨」を発案するなど西成に関わってきた。今回の調査は、他の有識者や地元団…

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 最長政権 /4 正念場の領土、拉致

  4. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです