メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TNR

野良猫を避妊・去勢 県、橿原でモデル事業 月末から 1日25匹、10日間手術 /奈良

野良猫の去勢不妊手術は全国各地で実施されている。神戸で2011年、手術後に元の生活地域に戻される猫たち=小川昌宏撮影

 保健所などに持ち込まれて殺処分される猫を減らそうと、県は今月下旬から、野良猫を捕獲して避妊・去勢手術を施して戻す「TNR(Trap Neuter Return)」のモデル事業に取り組む。橿原市をモデル地区として、今年度は事業費317万円を計上し250匹を上限に県職員の獣医が手術を実施する。野良猫を減らす効果が確認できれば県全域への拡大も検討するという。【稲生陽】

 県内で保健所などに持ち込まれた所有者不明の猫は、奈良市保健所と県中和保健所動物愛護センター(宇陀市…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです