メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セクハラを問う

識者インタビュー/下 「声に出さなくてもいい」 社会福祉士・石本宗子さん /福岡

石本宗子さん(66)

 元久留米市男女平等推進センター相談コーディネーターの社会福祉士、石本宗子さん(66)は、1989年のセクハラの違法性を問う日本初の裁判「福岡セクハラ訴訟」で原告を支援し、その後も性暴力等の被害に苦しむ女性たちを支援してきた。石本さんにセクハラに無理解な人への向き合い方を聞いた。

 Q セクハラに無理解な人にどう言えば伝わるでしょうか。

 石本さん 性の自己決定権を脅かされることがどれほど人として苦痛な体験か、理解しようとしない人に伝えるのは言葉の無駄と思う。自分が他人の快楽や支配欲を満たすための存在(性的対象)として扱われたら不快や屈辱的と思うのは当然。熱いと感じ始める温度が人によって違うように、許可なく侵入されたら不快に思う「プライベートゾーン」の広さも感じ方も人それぞれ。嫌だと思ったら嫌でいい。嫌だという感覚は誰にも侵されな…

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1295文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです