メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
金融庁方針

資金洗浄、全地銀を調査へ 不正送金対策

金融庁が把握した資金洗浄の事例

 金融庁はすべての地銀と信用金庫(計365機関)を対象に、マネーロンダリング(資金洗浄)と不正送金防止策の実態調査に着手する。問題があれば7月にも立ち入り検査を実施し、行政処分を出す。全地銀・信金に一斉に資金洗浄・不正送金対策の調査を実施するのは極めて異例で、国際的な監視網の抜け穴になっていないか、厳しく検証する。

 金融庁と全国の財務局が合同で、各機関の役員級に聞き取り調査などを実施する。2月に公表した金融機関向…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文889文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  2. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです