メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

国有地売却問題 文書改ざん 「首相答弁きっかけでない」 麻生氏、なおも強弁

衆院財務金融委員会で質問を聞く麻生太郎財務相=国会内で2018年6月5日午前10時18分、川田雅浩撮影

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る決裁文書改ざん問題について、麻生太郎財務相は5日、国会で改めて陳謝した。しかし、安倍晋三首相の国会答弁が問題の発端になったとの見方は否定。改ざんなどについて「悪質ではない」と説明した過去の自身の発言も撤回しなかった。

 財務省が4日に公表した調査報告書によると、安倍首相が昨年2月、国会で自身や妻昭恵氏が国有地売却に関与していれば辞任すると答弁。これを契機に理財局幹部が昭恵氏付の政府職員や政治家からの照会状況のリストを作成し、その後、記録の廃棄などが行われたとした。

 しかし、麻生氏は5日午前の衆院財務金融委員会で「(首相答弁が)問題行為のきっかけになったわけではない」と強調。文書改ざんなどは「悪質ではない」とした発言の真意を問われると、「横領とか金を取ったとかいうことがないと、悪質とは言い難いとの見解を持っていた」と釈明。そのうえで「(文書改ざんは)質の悪いものだと言わざるを得ない」と述べたものの、発言は撤回しなかった。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した60代を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  4. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

  5. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです