メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

森友・加計問題(その2止) 首相の過信、裏目に 麻生氏「脇が甘い」

2017年度以降の森友学園、加計学園問題の経過

 

 「私や妻が関与していたら首相も国会議員も辞める」という安倍晋三首相の発言は今国会で再び論戦の焦点になった。学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書を財務省が書き換えた疑いがあるという3月2日の朝日新聞の報道が発端だった。

 同省幹部は「仮に近畿財務局の誰かが忖度(そんたく)して書き換えていたとしても、書き換え前の文書は残っていない」と政府・与党に説明に回り、政権内には当初、問題がここまで拡大するという危機感はなかった。しかし、間もなく状況は急変した。

 国土交通省は3月5日、改ざん前とみられる財務省の文書があったと杉田和博官房副長官に連絡。杉田氏は事…

この記事は有料記事です。

残り3522文字(全文3806文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 遭難父子 遺体発見 沢で寄り添うように 新潟の山中
  2. 加計と日大問題 似た構図、丸山真男の「無責任の体系」か
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 選挙 立川市議選 新議員28人決まる /東京
  5. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]