メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

森友・加計問題 常態化した「ウソの連鎖」=論説副委員長・人羅格

記者会見に臨む麻生太郎財務相=財務省で2018年6月4日、手塚耕一郎撮影

読売・議論に「辟易してしまう」 他紙主張と際立つ違い

 「ウソは他人を巻き込む」。加計学園の獣医学部新設問題をめぐり、公文書の国会への提出などに応じた愛媛県の中村時広知事の言葉である。

 公文書管理と情報公開という車の両輪が二つとも政府によってないがしろにされた。ウソが政権を巻き込んで広がり、政治の土台がむしばまれている。

 1年以上にわたり政治を揺るがした「森友・加計」問題が大きな節目を迎えた。

この記事は有料記事です。

残り2414文字(全文2611文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです