メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この50年の世界

1968~2018 第5部・ロバート・ケネディ暗殺/下 政治不信が生む陰謀論

ロバート・ケネディ元司法長官の暗殺事件の再捜査で特別検察官を務めたトーマス・クランツ氏=米ロサンゼルスで

 「あなたが父を殺したと思わない」。ロバート・ケネディ元米司法長官の息子のロバート・ケネディ・ジュニア氏(64)は昨年12月、銃撃犯として服役中のサーハン・サーハン受刑者(74)に面会し、こう伝えた。

 暗殺事件は、パレスチナ系移民のサーハン受刑者がケネディ氏の親イスラエル的な姿勢に反感を持った末の個人的な犯行とされた。だが、事件から5日で半世紀となっても、米国内では米中央情報局(CIA)犯行説や「第二の銃撃犯説」といった陰謀論が根強い。

 「真実は遺体の検視結果が示す」。ロサンゼルス郡検視局長としてケネディ氏の遺体の解剖を担当したトーマ…

この記事は有料記事です。

残り1400文字(全文1670文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです