メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済財政諮問会議

骨太の方針原案 財政健全化目標「25年度」 社保費は数値盛らず

経済財政諮問会議で話す安倍晋三首相(左から2人目)=首相官邸で2018年6月5日午後6時、竹内紀臣撮影

 政府は5日、経済財政諮問会議を開き、経済財政運営の指針となる「骨太の方針」の原案を示した。新たな財政健全化計画では、基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)を黒字化する目標を従来より5年遅い2025年度に設定。社会保障費の抑制の「目安」は「高齢化による増加分に相当する伸びにおさめる」という文言を盛り込むにとどめ、数値目標は見送った。

 PBは必要な政策経費を税収などで賄えているかを示す指標で、財政の立て直しには早期のPB黒字化が不可…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文867文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです