メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

農村人口が増加傾向に入った韓国=農業ジャーナリスト・青山浩子

 日本同様に農村の過疎化が深刻な韓国で異変が起きている。減り続けていた農村人口が底を打ち、2015年から増え始めたのだ。要因は都市からの移住者の増加。00年代に入って増え始め、14年から3年で10万人が移住。00年から累計で約50万人が移住した。特に20~40代の若者が家族で移住してくるため人口の増加につながった。今後10年間は増加傾向が続くと見ている。

 急速な農村回帰の背景について、若手農家を育てる民営の教育機関「韓国ベンチャー農業大学」を創設した閔勝奎(ミン・スンギュ)氏は「就農して成功した農村移住者が出始め、後に続こうという動きがある。また、景気不振で若者の就職難が深刻。新天地を求めて移住する人も多い」という。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

  4. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです