特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

初の米朝首脳会談を前に

半島非核化、道筋は 毎日新聞記者が展望

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米ホワイトハウスの大統領執務室でトランプ大統領(右)に金正恩朝鮮労働党委員長からの親書を手渡した金英哲党副委員長=ワシントンで2018年6月1日、ホワイトハウス提供
米ホワイトハウスの大統領執務室でトランプ大統領(右)に金正恩朝鮮労働党委員長からの親書を手渡した金英哲党副委員長=ワシントンで2018年6月1日、ホワイトハウス提供

 12日にシンガポールで開催される史上初の米朝首脳会談。北朝鮮の非核化への道筋はつくのか。日本はどのような役割を果たせるのか。会川晴之・北米総局長▽浦松丈二・中国総局長▽堀山明子・ソウル支局長▽高山祐・首相官邸キャップの4人が展望した。【構成・坂口裕彦】

玉虫色合意で細部後回し/対米改善につなげたい中国

 --どんな会談になるだろう。

 会川 「今年、世界で最も注目を集めるテレビショー」になるのではないか。11月の中間選挙での勝利を最優先するトランプ米大統領は、米国民にアピールできる成果を作りたい。米国との対決姿勢を示すことで国内をまとめてきた北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長も一気の非核化には応じられないが、これ以上、米国との緊張を高めたくない。「決裂だけは避けたい」という点で米朝の思惑は一致している。

この記事は有料記事です。

残り3743文字(全文4104文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集