メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初の米朝首脳会談を前に

半島非核化、道筋は 毎日新聞記者が展望

米ホワイトハウスの大統領執務室でトランプ大統領(右)に金正恩朝鮮労働党委員長からの親書を手渡した金英哲党副委員長=ワシントンで2018年6月1日、ホワイトハウス提供

 12日にシンガポールで開催される史上初の米朝首脳会談。北朝鮮の非核化への道筋はつくのか。日本はどのような役割を果たせるのか。会川晴之・北米総局長▽浦松丈二・中国総局長▽堀山明子・ソウル支局長▽高山祐・首相官邸キャップの4人が展望した。【構成・坂口裕彦】

 --どんな会談になるだろう。

 会川 「今年、世界で最も注目を集めるテレビショー」になるのではないか。11月の中間選挙での勝利を最優先するトランプ米大統領は、米国民にアピールできる成果を作りたい。米国との対決姿勢を示すことで国内をまとめてきた北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長も一気の非核化には応じられないが、これ以上、米国との緊張を高めたくない。「決裂だけは避けたい」という点で米朝の思惑は一致している。

 となれば、玉虫色の合意しかない。「非核化実現」という総論的な言葉こそ盛り込むが、達成時期や方法には踏み込まない。双方が都合良く解釈できる余地を残し、今後の交渉に委ねる形を取るのではないか。

この記事は有料記事です。

残り3672文字(全文4104文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです