メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初の米朝首脳会談を前に

半島非核化、道筋は 毎日新聞記者が展望

米ホワイトハウスの大統領執務室でトランプ大統領(右)に金正恩朝鮮労働党委員長からの親書を手渡した金英哲党副委員長=ワシントンで2018年6月1日、ホワイトハウス提供

 12日にシンガポールで開催される史上初の米朝首脳会談。北朝鮮の非核化への道筋はつくのか。日本はどのような役割を果たせるのか。会川晴之・北米総局長▽浦松丈二・中国総局長▽堀山明子・ソウル支局長▽高山祐・首相官邸キャップの4人が展望した。【構成・坂口裕彦】

玉虫色合意で細部後回し/対米改善につなげたい中国

 --どんな会談になるだろう。

 会川 「今年、世界で最も注目を集めるテレビショー」になるのではないか。11月の中間選挙での勝利を最…

この記事は有料記事です。

残り3888文字(全文4104文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです