メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初の米朝首脳会談を前に

半島非核化、道筋は 毎日新聞記者が展望

米ホワイトハウスの大統領執務室でトランプ大統領(右)に金正恩朝鮮労働党委員長からの親書を手渡した金英哲党副委員長=ワシントンで2018年6月1日、ホワイトハウス提供

 12日にシンガポールで開催される史上初の米朝首脳会談。北朝鮮の非核化への道筋はつくのか。日本はどのような役割を果たせるのか。会川晴之・北米総局長▽浦松丈二・中国総局長▽堀山明子・ソウル支局長▽高山祐・首相官邸キャップの4人が展望した。【構成・坂口裕彦】

玉虫色合意で細部後回し/対米改善につなげたい中国

 --どんな会談になるだろう。

 会川 「今年、世界で最も注目を集めるテレビショー」になるのではないか。11月の中間選挙での勝利を最…

この記事は有料記事です。

残り3888文字(全文4104文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです