メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西田幾多郎

西田哲学の原点 講義ノート発見、思索の記述

倫理学の講義ノートには「Personal Nature」に「個人性」の訳語をあてる際、推敲を重ねた跡が残っている=石川県かほく市内日角の西田幾多郎記念哲学館で2018年6月5日、石川将来撮影

 日本を代表する哲学者・西田幾多郎(にしだきたろう)(1870~1945年)が京都帝国大(現・京都大)で講義をした際に使用したノートなどの未発表資料が見つかり、石川県西田幾多郎記念哲学館(同県かほく市)が5日、報道陣に公開した。代表作「善の研究」の重要なキーワード「純粋経験」などの言葉が記されたノートもあり、同館は「西田哲学の形成と深まりに新たな解釈をもたらす可能性がある」としている。

 資料は西田の孫が2015年秋に東京都内の自宅倉庫で発見した。長年雨にあたっていたとみられ、傷みが激…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文815文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです