連載

「18歳成人」に思う

大人と子どもの線引きを「18歳」とする民法改正案が国会で議論されている。各界の識者らの声を紹介する。

連載一覧

「18歳成人」に思う

「非嫡出子」増える懸念 首都大学東京教授・安達久美子さん(54)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
安達久美子・首都大学東京教授
安達久美子・首都大学東京教授

 民法改正案では結婚年齢が成人年齢と同じ18歳となり、男女とも18歳で統一されます。基本的には賛成ですが、16、17歳で出産する女性が結婚できなくなり、非嫡出子が増える可能性があります。それが心配です。

 2016年の人口動態調査で、16歳と17歳の母親から生まれた子は2007人。このうち嫡出子は785人でした。現行法では、保護者の同意を得て結婚すれば、成人として親権を得ることができますが、法改正後、この子たちは非嫡出子になってしまう。

 10代で出産する事情はさまざまですが、生まれた子に責任はありません。これまでは14、15歳の出産数が少なく具体的な課題は浮かびにくかったかもしれませんが、子どもに不利益が生じないよう、きちんと議論して支援策を検討してほしい。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文679文字)

あわせて読みたい

注目の特集