メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「18歳成人」に思う

「非嫡出子」増える懸念 首都大学東京教授・安達久美子さん(54)

安達久美子・首都大学東京教授

 民法改正案では結婚年齢が成人年齢と同じ18歳となり、男女とも18歳で統一されます。基本的には賛成ですが、16、17歳で出産する女性が結婚できなくなり、非嫡出子が増える可能性があります。それが心配です。

 2016年の人口動態調査で、16歳と17歳の母親から生まれた子は2007人。このうち嫡出子は785人でした。現行法では、保護者の同意を得て結婚すれば、成人として親権を得ることができますが、法改正後、この子たちは非嫡出子になってしまう。

 10代で出産する事情はさまざまですが、生まれた子に責任はありません。これまでは14、15歳の出産数が少なく具体的な課題は浮かびにくかったかもしれませんが、子どもに不利益が生じないよう、きちんと議論して支援策を検討してほしい。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです