メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

牛乳瓶のふた 直径3センチに詰まる少年の心

「これでもまだ、ほんの一部なんです」と紙キャップのコレクションを見せる和田安郎さん=宮城県富谷市で、梅田啓祐撮影

 牛乳瓶のふた(紙キャップ)を集めて実に約60年。大学非常勤講師の和田安郎さん(71)=宮城県富谷市=が直径約3センチの円形に寄せる思いは、時がたっても変わらない。ふた集めの醍醐味(だいごみ)って何だろう。

 「ゴミじゃないですよ、偉大なる小物です!」

 机の上に置かれたのは薄茶色をしたボロボロの菓子箱。年季を感じさせる表面には「珍しい牛乳のふた」という筆の跡が。これって、もしかして。「そう、僕が書いたの。60年前にね」。イタズラっ子みたいに笑う和田さんを横目に箱を慎重に開ける。色彩豊かな紙キャップが顔をのぞかせた。独特な配色を施したもの、牛の絵を描いたもの。個性が目を引きつける。

 生まれも育ちも仙台市の和田さんは、市の保健所次長や科学館長などを歴任。現在は宮城学院女子大で食品衛生学の非常勤講師を務める。愛蔵のキャップとは、牛乳が入ったガラス瓶をふさぐ紙製のふたのこと。「紙栓」とも呼ばれる消耗品だ。約4000種、実に計1万2000枚以上を所蔵している。

この記事は有料記事です。

残り1867文字(全文2297文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 賭けマージャン「黒川氏と同レート」の自衛隊員は「停職」 法務省「参考にせず」

  2. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  3. 砥部焼でアマビエ にっこり表情豊かに 愛媛の絵付け職人「和んでほしい」

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです