メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親ありて

サッカー日本代表・槙野智章さんの父母 槙野成伸さん、令子さん/上 1点500円、楽しみを結果に

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が14日(日本時間15日)に開幕する。6大会連続出場の日本代表で最終ラインを任される槙野智章選手(31)=浦和レッズ=の両親は、「幼いころから病気ではなく、けがが心配だった」と振り返る。その活発さをサッカーで存分に発揮できるよう導いた。

 「色黒で、サルに似ていてどうしようと思った」。母令子さん(59)は、槙野選手の出生時の思い出をそう語る。3800グラムで生まれてきた男の子は、母乳が出ないと怒って泣くほど元気いっぱい。「器量は徐々に愛らしくなった」(令子さん)といい、9カ月で歩き、11カ月で走った。

 3人兄弟の末っ子で、広島市で育った。赤ちゃんの頃からおもちゃはボール。父成伸さん(61)と兄たちが…

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1422文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです