メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

仮設2年、なお3407世帯 変わる環境・人間関係、重く

 熊本地震で自宅を失った被災者が仮設住宅に入居を始めて5日で2年。住まいを確保した人たちの退居が進み、入居者はピーク時の約8割の3407世帯(4月末現在)まで減った。一部の仮設団地では集約や解体も始まっているが、今も入居する人たちは取り残されるような不安にさいなまれている。【福岡賢正、城島勇人】

 被災した熊本県内16市町村で最も早い2016年6月に開設された甲佐町の白旗仮設団地。90戸が整備されたが、今年5月末時点で入居しているのは60戸。来春完成予定の災害公営住宅(復興住宅)入居を希望するなど自力での自宅確保が難しい高齢世帯が目立つ。

 5日は団地の集会所で、近くの社会福祉法人が昼食を振る舞う「白旗食堂」の日。入居者12人がブリのみそ煮などを食べながら世間話に花を咲かせて笑顔を見せた。しかし、笑顔の裏には誰もが不安な気持ちを押し隠している。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです