メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自殺相談

SNSで効果 やり取り1時間超、過半数

 神奈川県座間市で自殺願望をインターネットに書き込んだ若者9人が殺害された事件を受け、厚生労働省がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を使った自殺相談を集中的に実施したところ、対応した相談の半数以上は、やり取りが1時間以上にわたっていたことが分かった。電話よりSNSの方が本音を聞けたと思われるケースもあり、同省は「SNSは相談の有効な方策になる」と分析している。

 SNSの集中相談は3月に実施。NPO法人など13団体が窓口になり、延べ1万129件の相談があった。…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文628文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです