メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自殺相談

SNSで効果 やり取り1時間超、過半数

 神奈川県座間市で自殺願望をインターネットに書き込んだ若者9人が殺害された事件を受け、厚生労働省がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を使った自殺相談を集中的に実施したところ、対応した相談の半数以上は、やり取りが1時間以上にわたっていたことが分かった。電話よりSNSの方が本音を聞けたと思われるケースもあり、同省は「SNSは相談の有効な方策になる」と分析している。

 SNSの集中相談は3月に実施。NPO法人など13団体が窓口になり、延べ1万129件の相談があった。…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文628文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  2. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 西日本豪雨 「ママ、寒いよ」土石流5歳児の夢奪う 広島
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]