メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城

スマホでレントゲン画像を閲覧 友愛記念病院

内視鏡画像を映したタブレットを持つ加藤奨一院長と画像などを印刷できる専用端末=茨城県古河市東牛谷の友愛記念病院で

 友愛記念病院(茨城県古河市東牛谷)は4日、レントゲンや内視鏡、MRI(磁気共鳴画像化装置)などの検査画像や、処方薬などの診療情報をパソコン(PC)やスマートフォンで患者自身が閲覧できるシステムを導入した。患者は、データを基に主治医に質問できるほか、地元診療所のかかりつけ医らに見てもらい、セカンドオピニオンを受けられる。

     導入するシステムは、医療情報会社「メディカル・データ・ビジョン」(本社・東京都)が開発した「CADA-BOX」(カーダ・ボックス)。

     患者がシステムの利用に同意すると、病院の電子カルテに記録された検査画像や薬の処方などの情報が同社のデータセンターに送信される。

     このうち医師が開示できると判断したデータについては、専用ホームページ上でIDとパスワードを入力すれば、患者自身がパソコンやスマートフォンで閲覧できる。パソコンなどを持っていなくても、病院に設置した専用端末で検査データなどの印刷ができる。

     利用者の負担はなく、専用カードも発行され、医療費の後払いや分割払いもできる。

     またこれらデータは匿名化して製薬会社などに提供され、研究にも活用される。

     同病院は県西地域の拠点病院で、26診療科で325床。このシステムを導入するのは関東では初で、全国でも5番目。

     加藤奨一院長は「情報を開示することで、患者や家族の病気への理解が深まる。患者と医師との情報格差や認識の溝も埋まり、誤解などから生まれるトラブルも防げる」と期待した。【吉田卓矢】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功
    2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
    3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    4. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)
    5. LCC 「成田-東南アジア」開設続々 「中長距離」競争激化へ 日航や全日空巻き込み /千葉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]