メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

兵庫

お手柄警察犬ゾロに表彰状 行方不明女児を発見

女児を発見した功績で表彰された兵庫県警鑑識課の警察犬ゾロと平瀬篤巡査長=川西署で2018年6月5日午前9時32分、石川勝義撮影

 兵庫県川西市で先月、小学1年の女児(6)の行方が一時分からなくなったものの、県警鑑識課の警察犬ゾロ・フォン・ヤマト・モリヤ号が発見して無事保護される事案があり、川西署の石田充署長は5日、ゾロに表彰状を贈った。

     同署によると、先月12日午後9時40分ごろ、女児の祖母から「孫が帰ってこない」と捜索願の届け出があった。署員ら35人で自宅周辺などを探したが、見つからなかった。応援に駆け付けたゾロは午後11時20分ごろから靴のにおいを手掛かりに捜索開始。翌13日午前0時10分ごろ、自宅から約60メートル離れた民家の敷地にいた女児を発見した。女児は無事保護された。

     ゾロはジャーマンシェパードの雄で、先月28日に4歳になったばかり。2016年7月から現場で活躍しており、5月末までに388回出動し、今回を含む5件で救助につながり、表彰されている。

     ゾロとペアを組む同課の警察犬指導員、平瀬篤巡査長(31)は「ゾロは何事にも一生懸命になり、楽しみながら取り組むのが長所。たくさん褒めて伸ばし、人犬一体で頑張りたい」と話した。【石川勝義】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 立てこもり 刃物?持った男が代々木の居酒屋で
    2. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
    3. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
    4. アイス ピノがCMをやめた理由
    5. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]