メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高知

子ども食堂で「ジビエ料理」提供 

持ってきた鹿肉を前に話をする岡本英活さん(左)と青木美紀さん=高知市で2018年5月15日午後3時2分、松原由佳撮影

 高知県内で、野生鳥獣の肉を使った「ジビエ料理」を提供する子ども食堂があるという。子ども食堂は、協力者からの食料の提供などで運営されることが多いが、どのような形で届けられているのか。訪ねてみた。【松原由佳】

 「いらっしゃい! 今日は豪華だよ」。5月下旬の夕方、高知市で開かれた子ども食堂「水曜校時カフェ」。ボランティアの声に、子どもたちは笑顔を見せた。この日のメニューは、天ぷらや煮物のほか、県内で捕獲された鹿肉の骨でダシを取ったカレーに、鹿肉のローストといったジビエ料理も。子どもたちは思い思いの料理を皿に取る。高知市立初月(みかづき)小3年、津田周さん(8)は「鹿肉おいしい。お肉の中で一番好き」と口いっぱいに頬張った。

 この子ども食堂は、支援団体の「フードバンク高知」(青木美紀代表)などを通して、野菜や肉を入手してい…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文856文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです