メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アイヌ・仙台藩版「オセロー」

上演へ 現代の差別に一石

舞台の冒頭で、アイヌと和人が婚礼を挙げる場面=シェイクスピア・カンパニー提供

 シェークスピアの4大悲劇の一つ「オセロー」に登場するオセロー将軍とその妻を、アイヌ民族の男性や幕末の北海道で警備にあたる仙台藩士の娘として描き出した舞台「アイヌ・オセロ」が9、10の両日、東京都三鷹市大沢3の国際基督教大学で上演される。物語の根底に流れる人種差別を日本に置き換え、社会に一石を投じる。

 東北地方を舞台にシェークスピアの作品を翻案して演じる劇団「シェイクスピア・カンパニー」が上演する。…

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文740文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 愛媛・伊方原発 3号機 特重施設の工事分割 四電、規制委に申請 /徳島
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです