メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンゴの産卵

無数の淡いピンク、海中浮遊 鹿児島・奄美

 鹿児島県・奄美地方の海域でサンゴの産卵が始まった。放たれた無数の淡いピンクの卵が夜の海中を浮遊し、幻想的な光景をつくり出している。産卵は9月ごろまで続く。

 奄美市の自然写真家、興(おき)克樹さん(47)が2日午後10時半から1時間、奄美大島の南にある加計呂麻(かけろま)島の実久(さねく)集落沖で産…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文363文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 合言葉は「伝説を作ろう」 ”四国勢”で勝ち取った8強 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  3. わずか2人の炭鉱の町、歴史きざむ金物店 繁栄、戦争の「生き証人」 北海道三笠

  4. 「大阪都構想」とは何だったのか 市民の分断招いた住民投票 辻陽・近畿大教授に聞く

  5. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです