メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

天皇賞馬レインボーラインが引退 

 日本中央競馬会(JRA)は6日、4月の天皇賞(春)でG1初制覇を果たしたレインボーライン(牡5歳、栗東・浅見秀一厩舎=きゅうしゃ)が同日付で競走馬登録を抹消し、現役を引退したと発表した。種牡馬になる予定。天皇賞(春)後に右前脚のけがが判明し、休養していた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 立てこもり 刃物?持った男が代々木の居酒屋で
    2. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
    3. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
    4. アイス ピノがCMをやめた理由
    5. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]