森友問題

検査院報告への対応協議メモ 共産党公表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
入手した「森友学園」に関する文書を公開する共産党の宮本岳志衆院議員=国会内で2018年6月5日午後4時5分、竹内紀臣撮影
入手した「森友学園」に関する文書を公開する共産党の宮本岳志衆院議員=国会内で2018年6月5日午後4時5分、竹内紀臣撮影

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、共産党は5日、財務、国土交通両省の局長が昨年9月、会計検査院報告への対応を協議した際のメモとされる文書を公表した。検査院が推計したごみ撤去費について、財務省側が「総額を消すことが重要」と語ったなどと記され、同党は「検査への働きかけの証拠だ」と指摘した。

 宮本岳志衆院議員らが公表した。文書によると、財務省の太田充理財局長と国交省の蝦名邦晴航空局長が、国有地売却の妥当性を検査していた会計検査院への対応を協議。ごみ撤去費を報告書に掲載するのを見送らせ、「失点を最小限にする」…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文647文字)

あわせて読みたい

注目の特集