メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家族の写真を持つサーハン受刑者の弟ムニール氏=米カリフォルニア州パサデナで2018年6月2日、ルーベン・モナストラ撮影

 【パサデナ(米西部カリフォルニア州)で長野宏美】「事件から50年で関心が高まり、再捜査につながってほしい」。ロバート・ケネディ元司法長官の暗殺事件で服役中のサーハン受刑者の弟ムニール氏(70)は言う。

 サーハン受刑者はイギリス委任統治領パレスチナのエルサレムで生まれた。キリスト教徒の一家で、平和を求めて教会の紹介で1956年に米国に移住…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏休み 「気持ちいい」首相が森、小泉元首相らとゴルフ
  2. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  5. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです