メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家族の写真を持つサーハン受刑者の弟ムニール氏=米カリフォルニア州パサデナで2018年6月2日、ルーベン・モナストラ撮影

 【パサデナ(米西部カリフォルニア州)で長野宏美】「事件から50年で関心が高まり、再捜査につながってほしい」。ロバート・ケネディ元司法長官の暗殺事件で服役中のサーハン受刑者の弟ムニール氏(70)は言う。

 サーハン受刑者はイギリス委任統治領パレスチナのエルサレムで生まれた。キリスト教徒の一家で、平和を求めて教会の紹介で1956年に米国に移住…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  3. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  4. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  5. サウジ記者死亡 総領事館内で何が 皇太子批判の末

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです